「まつげ美容液」と「まつげ育毛剤」の違い 

頭髪だけでは無くまつげも増やせる時代になりました。そこで今話題のまつげ「美容液」と「育毛剤」のこの二つがどのように違い、どちらがあなたにあってるかをここで解説しています。

まつげ育毛剤は副作用が出る可能性があります

まつ毛を長く、太くしたいという方に人気を集めているのが、ビマトプロストが含まれたまつ毛育毛剤です。
ビマトプロストは、世界で初めて米国食品医薬品局が医薬品として認可したもので、毛周期の成長期を延長することで毛が長くなる効果、毛包を刺激することで毛が太くなる、メラニン生成を活性化し毛の色が濃くなるといった効果が臨床試験で確認されているため、市販されているまつ毛美容液より効果を実感することができます。

ビマトプロストを含んだ医薬品には高い美容効果がありますが、医薬品であるため使用することで副作用が起こる可能性があります。
特にビマトプロストを含んでいるルミガンやラティースで副作用が起こったという報告があります。
ルミガンやラティースといったビマトプロストを配合した医薬品のまつ毛育毛剤は、もともとは緑内障の治療に使用されていた医薬品です。
現在でも世界各国で緑内障患者の治療薬として使用されています。

何故、ビマトプロストがまつ毛育毛剤として使用されているのかというと、ビマトプロストを使用した緑内障患者の多くが、まつ毛の長さが長くなったり、量が増えた、太くなったことを実感し、報告したことによって臨床実験が行なわれ、ビマトプロストにはまつげを長くしたり、太くしたり、濃くするといった効果が認められたためです。
そのために、現在ではビマトプロストの効果がアメリカで認められて使用されているのです。

また、ビマトプロストを含む医薬品を目の周囲に使用すると、まつ毛が伸びるだけではなく、塗った部分の毛が濃くなったり、目のかゆみや痛み、目の充血、かぶれ、色素沈着、眼圧低下などの副作用が出るといった報告があります。
まぶたや目にトラブルがあると、メイクができないといったデメリットがあります。
ただ、ビマトプロストによる副作用は重篤なものではないため、副作用を理解して中止しかなら使用すれば安全ですし、緑内障でない人が使用することもできます。

●口コミなどを参考にしみてもいいでしょう
ルミガンの体験談・口コミはこちらのサイトへ

●まずは少量からの使用をオススメします。
ケアプロストで目元の印象を変えよう