頭髪だけでは無くまつげも増やせる時代になりました。そこで今話題のまつげ「美容液」と「育毛剤」のこの二つがどのように違い、どちらがあなたにあってるかをここで解説しています。

樹脂でまつ毛に少ないにダメージでも美容皮膚科に相談

まつ毛が少ない、短い、細いと感じたら、睫毛貧毛症の可能性があり、治療は美容皮膚科で可能です。
睫毛貧毛症の原因は、樹脂の入ったマスカラ、まつ毛のエクステなどまつ毛ケアによるダメージ、加齢、皮膚疾患、抗ガン剤などの薬の副作用などが考えられます。
まつ毛ケアによるダメージは、樹脂の入ったマスカラ、ビューラー、つけまつげ、まつ毛のエクステなど、日頃アイメイクのひとつとして身近に行なっていることがまつげに負担をかけていることがあります。樹脂の入ったマスカラなどを使用したアイメイクは、アイメイク用のクレンジングを使用して、優しく落とすのですが、アイメイクも顔全体のメイクと一緒に手や指でクレンジングで落とすことも少なくありません。これもまつ毛に負担をかけている可能性が高いのです。
また、年齢を重ねるとまつ毛の長さや太さ、濃さは年々減少し、アトピー性皮膚炎などの疾患が原因で抜けてしまうことや、抗ガン剤などを使用してる場合は、その副作用で抜けることもあります。
まつ毛が少ない、短い、細いと感じる場合、美容皮膚科など医療機関に相談することで悩みが解消することが期待でます。まつげの悩みや、普段行なっているケアが間違ってまつげが少なくなっている可能もあるため、ケアの方法などを美容皮膚科に相談することもできます。
美容皮膚科など医療機関に行くことで、まつげの状態を確認して、バランスのよい食事、質のよい睡眠、上手なストレス解消法などの生活習慣の指導、まつげを刺激しない工夫などのケア方法のアドバイス、毛髪可能な毛包が存在する場合には薬による治療、植毛など、まつげの状態に合った対処法の指導や治療を受けることができます。